未来を照らす救世主 謎の職業「ロボットSIer(エスアイヤー)」の正体を探れ! 第4回

2020年冬号 Vol.9 掲載

第4回 電気・機械・制御から
ソフトウエアまでやっちゃう
すげぇロボットSIer企業

「小山(おやま)の暴れん坊」と呼ばれる凄腕ロボットSIerがいるーーそんな噂を聞きつけ、やって来たのはオフィス エフエイ・コム。電気・機械・制御からソフトウエアまで、工場の自動化に必要なさまざまなシステムの設計、構築、開発を行う同社。ところで、暴れん坊って何だろう?と思っていると、現れた社長さんが金髪でビビりました(汗)

金髪の社長さんで、ビビる。

産業用ロボットを組み立てるロボットSIerという仕事を探るべく、これまで構想設計や生産シミュレーションについて取材を重ねてきた編集部。その中で出会ったFAプロダクツの天野会長から「〝小山の暴れん坊〟に会うといいぞ!」と教えられ、やって来たのですが…金髪姿の飯野英城社長に恐る恐る挨拶をすると、はにかんだ笑顔が意外とやさしい感じでホッとしましたε-(´∀`*)

飯野社長
←はにかんだ笑顔が意外とやさしそう??

「私が暴れん坊ですか(笑)。でも、23歳で会社を立ち上げてからはどんな仕事も引き受けて、死ぬ物狂いで働きました。必死に働いた分、派手にお金を使った時期もありましたね( ̄ー+ ̄)ニヤ」とヤンチャ(?)な過去を振り返る飯野社長。

同社は国内外に工場を持ち、過去約20年間で3000以上の工場に対して産業用ロボットの導入や生産設備の自動化を実現してきました。「ロボットSIer企業で制御設計のエンジニアを100名以上も抱えていたり、ソフトウエアの開発まで行えたりする企業はなかなかありません。目標は自動化の分野で名実ともに世界一になること」と飯野社長。

プログラミングは独学

飯野社長は根っからのエンジニアだ。というのも、幼い頃からコンピュータのプログラミングや電子回路の設計にのめり込んでいたという。

「小学生の頃から知り合いの会社でプログラミングの手伝いをやっていました。その後、高専に進学したのですが肌に合わず中退。19歳で電気ソフト会社に入社しました。それまでプログラミングを独学で学び、先の知り合いの会社で実践も積んでいたので、入社直後から即戦力として働いていましたね」

起業してからは、他社が断るような難しい案件も引き受け、寝る間もしんで働いた。「自動車や半導体など、あらゆる業種の制御システムをやり尽くしました。30代になって、次は何十人もスタッフが関わる大きな仕事がやりたいと思うようになり、やりたい仕事を続けるうちに会社の規模も大きくなりました。天野さんとはそんな頃にお会いしたんです」。

天野眞也会長
←この連載にたびたび登場している天野さん

当時の天野会長はキーエンスという会社の営業マンで飯野社長はお客さん。ある案件のトラブルを天野会長が謝罪するために飯野社長のもとを訪れたのが最初の出会いでした。天野会長いわく「すごく恐いと噂を聞いていて、会ってみると金髪だし、ビックリしました。とても怒られたのですが、筋の通った話をされる方で、話をするうちに意気投合したんです」とのこと。

経産省の特別チームにロボットSIerが参加

現在、天野会長のFAプロダクツと飯野社長のオフィス エフエイ・コムは「Team Cross FA(チーム・クロス・エフエー)  」という共同事業体を組織し、工場内のさまざまな設備をネットワークで結ぶ「スマートファクトリー」に関するサービスを展開しています。飯野社長は次のように話します。

「昨年の11月には経済産業省が、人手不足が深刻な産業へのロボット導入を促進するための特別チーム『ロボット実装モデル構築推進タスクフォース』を立ち上げました。そこにTeam Cross FAの仲間であるFAプロダクツがしています。以前であれば、ロボットSIerがそうした場に呼ばれることはなく、ロボットを導入したいユーザー企業とロボットメーカーの2者が主体となることが通常でした。でも、個々の現場に最適なロボットを導入するにはロボット導入の専門家であるロボットSIerの存在が重要です。そうしたことから、近年、この仕事は注目されるようになりました」

活躍したければ、ロジック力を磨け!!

現在、プログラミングを学ぶ高校生にアドバイスをお願いします!

「世の中にはいろんなプログラミング言語があるけれど、はAI、はアプリ関連というふうに、そのシステムに向いているかどうかの差があるだけで、実はロジックにそれほど違いはありません。だから、たくさんの言語を覚えるよりも、ロジック力を磨くことが、将来、活躍できるプログラマー、エンジニアになる秘訣です。あとは、確率統計や微分積分などの数学力が身についていたほうがAIやオートメーションの分野など活躍できる場が増えると思います。実は、私も20代の頃に数学を勉強し直したんです。より活躍したいと思うなら、基礎的な数学は学んでおいたほうがいいですね」

なるほど〜φ(・ω・`)。数学、がんばろ。

〝暴れん坊〟の正体は…

ところで、全国各地に工場などの拠点を持ちながら、長年、本社を小山に置いているのはなぜですか?

「仕事って、やりたいことをやったり、お金をいっぱい稼いだり、それだけだと何のために働いているのか分からなくなる瞬間があるんです。例えば、理不尽なクレームを受けたときに、『なんで俺、こんな仕事をやっているんだろう』と思ったりしてね。だから、『世の中の役に立っているんだ』と思える仕事がしたいと考えています。その1つとして地元に貢献するために、ずっと小山に本社を置いているんです。ロボットSIerはこれからの日本の産業界にとって欠かせない仕事です。日本を支えるという意味においても、非常にやり甲斐のある仕事だと思っています」

〝暴れん坊〟と恐れられた凄腕ロボットSIerは、金髪姿がちょっと怖いけれども、とってもマジメなエンジニアであり、オトーメーションの分野で大暴れして世界一を目指す、そんなカッチョえぇ〜社長さんなのでありました^^

飯野英城社長。「プログラミング言語をたくさん覚えるよりもロジック力を磨くといいですよ!」

株式会社 オフィス エフエイ・コム
1997年の創業以来、国内外約3000工場の自動化・オートメーション化を実現。日本を代表するロボットSIerとして経済産業省と連携するなど、常に最高で最新の技術を探求し続ける企業

文= 阿部 伸/写真= 高永 三津子
text ABE SHIN / photograph TAKANAGA MITSUKO

〈vol.9 冬号(2020年1月発行)より〉

(Visited 37 times, 2 visits today)